硬いイメージのある金属材料は実は温度によって伸び縮みする

硬いイメージのある金属材料は実は温度によって伸び縮みする

シリコンはIT社会に欠かせない金属材料

たくさんのパイプ

今日の技術発展を支えている金属材料がシリコンです。「シリコンが金属材料?」と思われる方も少なくありませんがケイ素由来の立派な金属材料です。普段接しているシリコンというとゴムのように柔らかい素材が思い浮かぶためあまり金属材料というイメージがないのですが原材料であるケイ素は、地球上で酸素についで2番目に多く存在する自然元素であり明確な金属材料に分類されます。
金属材料としてのシリコンはケイ素を精製し形成したシリコンウェーハとして流通しています。シリコンウェーハは半導体の原料として利用されておりIT社会を支えるパソコンやスマートフォンのCPUの半導体に使われる素材です。シリコンウェーハがなければIT社会の発展がなかったのは間違いありません。現在の情報化社会をもたらしたのはシリコンウェーハのおかげといっても過言ではない重要な金属材料です。
近年さらに注目を集めたのが太陽光発電です。太陽光発電に使用されるソーラーパネルにはシリコンウェーハが使用されています。地球環境についての意識が高まる中で持続可能な自然エネルギーの活用に関心が寄せられていますが、シリコンウェーハは次世代のエネルギー供給に欠かせない素材として期待されています。